私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

「浮世絵コレクション」大阪市立美術館

展覧会の鑑賞文
  • comment0
  • trackback-

2019/9/14

浮世絵コレクション

浮世絵版画は、世界によく知られている日本を代表するものの一つです。江戸時代の庶民の暮らしで息づいていました。現在の漫画やアニメと同じです。画家ではなくて、絵師として版元に雇われていました。また、彫り師や刷り師との共同作品です。全く当時の西洋の美術界のしくみとは異なっています。色落ち退色していないのが当時の版画絵の具の質の高さを物語っています。歌川広重の東海道五拾三次之内の作品群は、創られた画面空間が実に美しい。葛飾北斎「富嶽三十六景 駿州大野新田」歌川広重「東海道五拾三次之内 日本橋 行烈振出」「名所江戸百景 水道橋駿河台」の作品は印象に残りました。

Comments 0