クラリス・ベケットの作品「Wet Evening(雨の夕方)」(オーストラリア)

2023/1/24
Wet Evening
段ボールに油彩 25.7 cmx 30.4cm 1927年
1880年から1915年頃アメリカで行われた、雰囲気や影を強調する、フランスのバルビゾン派から派生した風景画の芸術スタイルである。日本では色調主義ともいう。トーナリズムは、暗い色、または灰色、茶色や青などの中間色が構成を支配する画風で風景画を描く。
<20世紀初めの「オーストラリアン・トーナリズム(Australian tonalism)」というスタイルを代表する画家の一人。wiki>
美しい絵です。瞬間の美を表現しています。

コメント

非公開コメント