マクシミリアン・レンツの作品「ひとつの世界」(オーストリア)

2023/1/23
ひとつの世界
キャンバスに油彩  121・5cm×186cm 1899年 ブダペスト美術館
ウィーン分離派の創設メンバー。1899年の作品「ひとつの世界」は、強烈な色で描かれた夢のように幻想的なもので、当時の流行を反映したものである。wiki>当時の活気・勢い・雰囲気・熱気などが感じられます。生き生きとした時代性を負っている絵です。

コメント

非公開コメント