鷹見泉石像(たかみせんせきぞう):渡辺崋山

2022/12/8
鷹見泉石像
絹本着色  115.1cm×57.2 cm 江戸時代・天保8年(1837)  東京国立博物館
*鷹見 泉石は、江戸時代の蘭学者であり、下総国古河藩の家老である。
<~~肖像画は陰影を巧みに用いて高い写実表現に成功している。西洋画の影響があったことは間違いないがかつて例のない独自の画法を確立~~wiki><精緻な筆づかいと微妙な陰影法による顔の描写は写実的で、着衣の表現はおおらかである。e国宝>写実性に価値を置いています。


コメント

非公開コメント