方丈障壁画:聚光院(じゅこういん)

2022/11/23
花鳥図のうち
花鳥図のうち
狩野永徳とその父狩野松栄の作 安土桃山時代 
聚光院創建時の永禄9年(1566年)の作とされる
<〇花鳥図 16面  〇琴棋書画図(きんきしょがず)=琴、棋(囲碁・将棋)、書、画に耽る姿を絵画化したもの 8面 〇瀟湘八景図(しょうしょうはっけいず)=古来より景勝の地として文人墨客がしばしば訪れた瀟水(しょうすい)と湘水(しょうすい)の合流する洞庭湖周辺の8つの風景を描いたもの 8面 〇竹虎遊猿図 6面  〇蓮鷺藻魚図(れんろそうぎょず)8面。wiki>絵が生き生きと生命力に満ちています。

コメント

非公開コメント