瓢鮎図(ひょうねんず:退蔵院)

2022/11/7
瓢鮎図
紙本墨画淡彩 111.5cm x 75.8 cm 室町時代(15世紀)
31人の禅僧による画賛がある 。如拙(南北朝時代から室町時代中期の画僧)作
<瓢箪(ひょうたん)で鮎(なまず)を押えるという禅の公案ー禅家で悟脱の機縁とする問題ーを表わした水墨画>よく記憶に残っている絵です。一度見るとしっかりと印象として残る不思議さを有していると思います。


コメント

非公開コメント