松下幸之助⑫

2022/8/5
京都鉄道博物館ー13
経営の神様。パナソニック(旧松下電器)を一代で築いた経営者。1894年11月27日ー1989年4月27日 享年94歳
「人間の知恵というものは、しぼればいくらでも出てくるものである。もうこれでおしまい。もうこれでお手上げなどというものはない。」

松下氏の言葉には心を動かす力があります。説得力が凄くあります。知恵は、自身の気は心を知り、気力と関わる努力という力を現実に有効に働きかける為の考えや意識です。努力や気力は知恵<物事の道理を判断し処理していく心の働き。物事の筋道を立て、計画し、正しく処理していく能力。goo>と関わってこそ、力を発揮します。


コメント

非公開コメント