松下幸之助⑥

2022/6/11
枚方パーク-23
経営の神様。パナソニック(旧松下電器)を一代で築いた経営者。1894年11月27日ー1989年4月27日 享年94歳
「何事もゆきづまれば、まず、自分のものの見方を変えることである。案外、人は無意識の中にも一つの見方に執して、他の見方のあることを忘れがちである。」

創意工夫の大切さを語っていると思います。考える事以外にゆきづまりは克服出来ません。ただ、その時にそのゆきづまりの見方を変える、視点を変える新しい思い付き。この発想は自問自答しながら考える事で生まれて来ます。しっかりと向き合っている事に意味があります。

コメント

非公開コメント