『水の勢い』の表現を考える②

2022/4/25
一部
葛飾北斎の作品「諸国滝廻り 美濃国養老の滝(みのこくようろうのたき)の一部
(今回のアクリル絵画制作12はこの作品を参考にしています。)
この作品ー葛飾北斎の作品「諸国滝廻り 美濃国養老の滝(みのこくようろうのたき)ーの一部を切り取っています。そして、今回の作品のイメージです。制作構想としては、以下の4点です。私なりに北斎の作品を創りかえています。
  • 岩の部分は面で表しています。木の葉っぱの濃い緑の部分は、岩の形の輪郭線として取り扱っています。
  • 緑の入っていない岩の茶色い部分の岩の色は灰色を使おうと考えています。この薄茶色は私の感覚に合っていないように感じています。
  • 岩の白い部分は極めて薄い、白色に近い灰色を使います。
  • 問題:水の白は白でいいのかどうか⇒実際に着色してから評価します。

コメント

非公開コメント