入学式

2022/4/7
吉野バスツアー5
今日は近くの小学校の入学式でした。コロナ禍ですが、学校は何とか現場の先生方の頑張りで継続されています。ランドセルを背負って学校に通う一年生は微笑ましいものです。
コロナ禍であっても平和があれば世の中の明るさも有ります。ウクライナはロシアの一方的な軍事力による侵略によって戦争状態で、普段の普通の生活が過ごせなくなっています。
東日本大震災の地震や津波による破壊と、戦争の攻撃武器によっての破壊は、映像を見るだけでもその質の違いが見て取れます。確かに日本も先の大戦の空襲で東京や大阪の大都市は破壊されました。一面の焼き野原になってしまいました。
ロシア軍がこれ以上のジェノサイド(ウクライナ市民への大量虐殺・さつりく)を即刻停止し侵略を止めれば、多くの生きているウクライナ人達によってウクライナの国土は復旧し復興して行くと共に、他国から侵略されない新しい国防の仕組みが創られます。ウクライナ全土の子供達の学校が一日でも早く入学式を迎えられるように祈っています。
我が国も他国から侵略されない新しい国防の仕組みが要請されているという現実認識に立って、真摯な論議が求められています。

コメント

非公開コメント