詩、その言葉の力(このブログの新しいカテゴリーとして)

2022/3/20
けいはんな記念公園-7
詩とは、<(し、うた、英: poetry, poem)は、言語の表面的な意味(だけ)ではなく美学的・喚起的な性質を用いて表現される文学の一形式である。多くの地域で非常に古い起源を持つ。wiki>と、意味付けられています。
言葉の力とは、詩の性質を意味しています。そこで、詩人について調べてみると、よく知っている名前にいきつきました。例えば、19世紀のフランスを代表するシャルル・ボードレール。その名言に「精神によって創られたものは、物質以上に生きている。」という詩がありました。
「形あるものは壊れる」と解釈すると、平家物語の諸行無常<万物流転であったり、諸行・物事に常は無く絶えず変化し続けている、と言う事を意味する教え>に至ります。確かに、精神その人の心は、時代や国境を越えて人種や性別に関わらずに一般的なものです。
この人の心を見失うとおそらく特殊な偏向で頑固で独りよがりの自分勝手な閉じられた心になってしまうのだと考えると、不易流行とは特殊は普遍を内在していなくてはならないと意味付けられると思います。


コメント

非公開コメント