情報の評価

2022/3/19
けいはんな記念公園-6
コロナの第六波が収まりつつあります。第七波はあるのだろうか、それとも収まって行くのだろうか。見通しはぼんやりとしていてよく分かりません。飲食と観光に元のようにお金が回るのがいつになるのかも見通せていません。そして、地震です。観光船の予約がほとんど解約されたとの報道を見ました。しかし、地震に遭われた方々の報道を見ていると、見舞われた地震に負けない気概が感じられます。
実際の現実の事実をあるがままに報道する事は、現在のロシアによるウクライナ侵攻のロシア側の報道を見ていると、実は当たり前ではない事が分かります。
<プロパガンダとは、特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する意図を持った行為の事である。 通常情報戦、心理戦もしくは宣伝戦、世論戦と和訳され、しばしば大きな政治的意味を持つ。wiki>特に、今回のように一方的な軍事力による現状変更の場合、このプロパガンダが際立っています。
日常的にもマスメディアによる印象操作や世論操作は行われています。その情報をしっかりと評価して情報の真偽を確認し自分で考える事が、求められている意識だと思います。

コメント

非公開コメント