フィンセント・ファン・ゴッホの作品「静物:バラのある花瓶」の花の表現を考える

2021/12/28
静物:バラのある花瓶
キャンバスに油彩 71cm×90cm 1890年
ワシントン・ナショナルギャラリー(アメリカ)
個性表現です。親しみの有るよく分かる美しさがあります。時代を表しています。100年以上経って親しめる絵なのに、当時は受け入れられなかった。題材は花、テーマはバラの美しさ、その美しさを感じる感性。その感性の個性表現。時代を越える絵とは不思議なものです。

コメント

非公開コメント