私の「生きる記録」~絵画作品の発表など~

ARTICLE PAGE

新しい作品制作1:下書き①

制作を考える
  • comment0
  • trackback-
2020/8/4
下書き①
下書き①
昨日決めた構想通りに制作を始めています。
・構想に応じて創ろうとする絵のイメージが想像されます。
・その想像されたイメージに基づいてアクリル絵の具のイエローミディアム アゾ
 で下書きをします。
 私は、スケッチをしません。スケッチをするとその表現材料によるイメージの展
 開が有るからです。
・「対象をよく見て写実的に描いて行く」をします。私の絵創りの方法(技法)
 は、「画の六法」を基本にしています。応物象形ー対象に応じて写実的に描く事
 ーです。
写実的に描く技術のポイントは繋げて行く事です。骨法用筆ー骨格のしっかりした線で対象を確実に把握する事ーを意識しながら、前後上下左右の形の有るべき姿を探ります。自然と形が描かれる事が大切です。

Comments 0