オディロン・ルドンの作品「緑の花瓶」の色彩を考える

2021/12/13
緑の花瓶
キャンバスに油彩 73.03cm×53.98cm 1900?年
ネルソン・アトキンス美術館 (アメリカ)
この画家はパステルならパステルの油絵の具なら油絵の具の材質表現が出来ています。色の美しさを求める場合は、表現材料の材質表現がなされるようにその材質表現の手順が意識されている事が、不可欠です。この題名の緑の花瓶は、透き通るような透明感があり美しい。

コメント

非公開コメント