アンドリュー・ワイエスの作品「踏みつけられた草」の絵の世界を考える

2021/11/30
踏みつけられた草
パネルにテンペラ 50.8cm×46.35cm 1951年
この動作を絵の題材とする繊細な感性の独自性。自由な考え方が有ります。ヨーロッパには見られない映画の一場面のような感覚だと思います。アメリカ絵画はヨーロッパ絵画に見られる伝統の重さや深みが自由な考え方に置き換えられていると感じています。

コメント

非公開コメント