アンドリュー・ワイエスの作品「海からの風」の絵の世界を考える

2021/11/29
海からの風
パネルにテンペラ 47cm×70cm 1947年
ワシントン・ナショナル・ギャラリー (アメリカ)
コンセプト<概念ー物事の概括的な意味内容。意図。構想。テーマ。>があって、写実という技法があって、この絵の世界があると捉えています。個性。独自。独創性。作品の題名通りの世界が絵として創られています。
制作しながら考えながら絵のコンセプトを認識しています。発想があって制作過程において構想が生じていると考えています。

コメント

非公開コメント