エドワード・ホッパー の作品「ガス・ステーション」の絵の世界を考える

2021/11/24
ガス・ステーション
キャンバスに油彩 66.7 cm×102.2 cm 1942年
この題材は画家にとって何気ない日常の一場面だったように思います。日常の生活行動が題材になっています。その光景を通して、この画家の独自な世界を絵として創っています。いつ見てもこの人物は絵の中で生きています。
感性認識された良さを、絵創りの過程において、絵としてどうなのかという評価に基づいて創意工夫する事で、結果、こういう世界が出来るのだと考えています。

コメント

非公開コメント