エドワード・ホッパーの作品「ナイト・ホークス」の絵の世界を考える

2021/11/22
ナイト・ホークス
キャンバスに油彩 84.1 cm×152.4 cm 1942年
シカゴ美術館(アメリカ)
この静寂な世界の表現。アメリカの雰囲気を有しています。活気と賑わいではなくて、生きる事の孤独が絵として創られています。こんな絵の世界を創ろうする考えがなくてはこうした絵は創れないと思っています。色や形はこの絵の世界の表現手段になっています。

コメント

非公開コメント