ジョージア・オキーフの作品「赤い丘と花」の題材を考える

2021/11/20
赤い丘と花
キャンバスに油彩 50.8cm × 63.5 cm 1937年
題材は何気ない日常の花であり山々です。その山々と花を組み合わせています。この構図が面白い。大きな山々と同列に大きな花を二つ描いています。そして、それぞれの物の美しさや良さが表現されています。遠近は無視されています。

コメント

非公開コメント