ジャン=フランソワ・ミレーの作品「落穂拾い」の光の表現を考える

2021/11/15
落穂拾い
キャンバスに油彩 83.8cm×111.8cm 1857年
オルセー美術館 (フランス)
この作品も有名です。私は、この絵の光の表現の美しさが印象に残ります。線遠近法と空気遠近法を使い分けています。この絵の空間創りの手法として光を表現しています。だから、広大な空間を感じさせます。


コメント

非公開コメント