クロード・モネの作品「夕暮れのサン・ジョルジョ・マッジョーレ島」の夕暮れの表現を考える

2021/11/11
夕暮れのサン・ジョルジョ・マッジョーレ島
キャンバスに油彩 65.2cm×92.4cm 1908年 - 1912年
カーディフ国立博物館 (イギリス)
印象派の絵は感情移入がしやすく、絵としても分かりやすい。もともと日本の浮世絵に影響を受けているので、日本人には人気が有ります。
どんなふうに夕暮れの空を表現しているのか、その工夫を考えてみようとしたのですが、まさに、光を色で表現しています。混ぜ合わせていなくて、赤色・黄色・青色が分かれています。印象派の手法です。
私の絵創りの参考にしようと思っています。どんなふうに創意工夫したかを見て行く事が伝移模写です。私の絵創りの解答ではありません。私の絵創りは自問自答して問い続ける事です。他に答えを求めては、創造価値がありません。

コメント

非公開コメント