臨場感

2021/11/1
安満遺跡公園24-8
「考える」を目的としてこのブログの記事を書いて行きます。意識して考えるという意味です。考える事自体に意味を見い出します。このブログの記事を書き込む事は日課になっています。従って、じっくりと物事を考えるきっかけになります。
昨晩は、選挙速報をテレビで夜遅くまで見ていました。面白かった。開票作業の結果が票数としてテレビ画面に映って、立候補者の当落が報じられ、各党の当選者数が知らされます。
テレビの面白さです。同時性があって臨場感を味わう事が出来ます。東京オリンピックの競技放送も、私の部屋に居ながら楽しむ事が出来ました。感情がテレビ画面に移入されて思わず声援が出てしまいます。テレビの視聴が低迷しています。しかし、オリンピックの視聴率は高かった。今そこで行われている事が、同時性で持って自分の部屋で見る事が出来る、この臨場感が面白い。
虚構では無くて、現実そのものです。作り物では無いリアルな現実を映し出して行けば、テレビのこれからが有るのかも知れないと思います。

コメント

非公開コメント