ピエール・ボナールの作品「日光」を考える

2021/10/23
日光
キャンバスに油彩 63.2cm×62.2cm 1923年
ティッセン=ボルネミッサ美術館 (スペイン)
作品の題名通りに、陽の光を色彩で表現しています。葉っぱや草にあたっている光が表現されていて画面空間が創られています。表現目的は、陽の光です。その陽の光を表現しようとして色彩に工夫をしています。このあたり前の関係性をしっかり意識しながら制作する、この態度を倣う価値が有ると思います。

コメント

非公開コメント