• 目を向けるべきは
    2021/4/21大阪にコロナ緊急事態宣言が発出されようとしています。その内容を検討しているようです。私がいつも行っている本屋さんは、百貨店の中に入っていて、百貨店が休業要請されそうなので、予定されている期間中に読めるだろう本を買って来ました。報道に応じて、前もってやっておく事はしておかないと後で困ります。一度目の緊急事態宣言の時は、マスク不足やトイレットペーパー不足であちこちのお店を回って買い求めました...
  • 日々の生活を考える
    2021/4/20日々の生活の何を探求して行くのか。制作は、また別に新しい作品制作を考えるのカテゴリーで探求して行く事が出来ます。今の私にとっては、心身の健康の探求が、まず一番目の探求点です。先週の水曜日の朝、右目が充血していました。私は、体の疲れが出て来ると、以前から右目が充血します。ちょうど、ジムの休館日にあたっていたので、目薬を買い直してさしていました。これは、私の経験値から私が自覚している私の体の...
  • 新たな認識
    2021/4/19一つは日々の生活において、もう一つは制作において、自分の心の声と向き合い、日々の生活と制作を自問自答しています。自問自答し続ける事自体が、探求に値するのだと思います。また、何を生きがいとして生きる動機として生きて行くのかは、自分の心の声と向き合い、自問自答して行く問題です。つまり、日々の生活と制作の探求を通して、その探求自体が、生きがいや生きる動機に繋がるなら、こうして日々の生活と制作を...
  • いくつになっても
    2021/4/18ふっとした瞬間に過去を思い出す事が最近よく有ります。若い頃からそうであったようにも思います。きっと、そうだったのに違いないと思います。問題は、振り返った過去に浸る事です。そう、過去のつらい思い出や失敗をふっと思い出して振り返り、浸ってしまう事は、つらいだけです。過去のつらかった事、失敗した事も受け入れて引き受けて、そんな昔も有りました、で、終われば良いのです。失敗した自分もつらかった自分...
  • 他人との距離感
    2021/4/17自分にとって嫌な関わりは、出来る限り関わらないように方策を練って、関わっています。関わらない関わりです。嫌な人やものや事との私なりの関わり方です。  知恵とは、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、「道理を判断し処理していく心の働き。筋道を立て、計画し、正しく処理していく能力。」と、書かれて有ります。道理とは、goo国語辞書によると、「 物事の正しいすじみち。また...
  • 新緑の緑
    2021/4/16雨の降りそうな曇った空を見上げると、雲の晴れ間の青空と白い雲が見えています。しばらくじっとその空を見ていると、徐々に晴れ間が拡がって、灰色の雲に覆われていた空が、白い雲と新鮮な青い空に移り変わって行きました。心が晴れ晴れします。季節は移り変わっています。いつの間にか、咲き誇っていた桜の花々が、葉桜になっています。そして、濃いピンク色や白色のツツジが色鮮やかに咲いています。ハナミズキの花も...
  • ほんの少しの優しさ
    2021/4/15母親が靴で小さな石を蹴っています。幼い女の子が蹴られた石を、はしゃぎながら追って拾ってまた土の上に置きます。その石を母親がまた蹴って、また、幼い女の子が大きな声をあげて、はしゃぎながら追いかけています。そこに、幼い女の子の弟が、随分と遅れて同じように石を土の上に置きます。母親は、幼い女の子の石を蹴って、弟が置いた石に気づかないように、前に歩いて行きます。土地に残された石を幼い女の子が拾っ...
  • 明るさを求めて
    2021/4/14東京オリンピックの聖火リレーが大阪で行われました。コロナ感染防止の施策として万博記念公園で、一般の観客を入れないで実施されました。明るい出来事です。競泳、アメリカでのベースボールでの日本人選手の活躍、マスターズゴルフでの日本人の初優勝、スポーツ選手達が海外でも活躍して、つまらない文句や不平不満ばかりが多く聞こえて来る世の暗い時勢を、明るく照らしてくれています。ありがたい事です。東京オリパ...
  • 新しい作品制作6:考察⑨
    2021/4/13「ハナミズキとシャボン玉」:キャンバスにアクリル絵の具 2020/5/17  53cm×45.5cm(F10号)ほぼ一年前の習作です。これは、散歩の時に立ち寄る公園で、シャボン玉で遊んでいる子供が生き生きと楽しんでいる様子を、絵の発想イメージにしています。作品創りを意識し始めたのが、昨年の9月の作品からで、このブログの新しい作品制作の作品1として記事にしています。つまり、この画像の習作を創っていた時点では、作品創...
  • 生きて行く強さ
    2021/4/12「前の自分を振り返ることはない。振り返ると辛くなるだけだから、振り返らない」この言葉は、あの池江璃花子氏のものです。今朝、いつものようにツイッターを読んでいたのですが、ある方のツイートに目が止まりました。そのツイートの全文ではない、かっこに書かれている言葉として切り取りました。私もそうですが、人は、人それぞれの辛い思いが有ります。私は、振り返ると辛い失敗した多くの事柄を思い出してしまいま...