• 虚空蔵菩薩像 (東京国立博物館 )
    2022/10/3絹本着色 132.0cm×84.4cm 平安時代・12世紀 東京国立博物館<虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ):知恵の菩薩として、人々に知恵を授けるともいわれている。wiki>月を表す大きな円光の中です。〇幽玄の趣き=趣きが深く、高尚で優美なこと。また、そのさま。 気品があり、優雅なこと。また、そのさま。=芸術領域における日本文化の基層となる理念の一つ。...
  • 文殊渡海図(醍醐寺)
    2022/10/2絹本著色 143.0 cm × 106.4 cm 13世紀 鎌倉時代雲海を渡る様子です。その様子が神聖に表現されています。...
  • 普賢延命像 (松尾寺)
    2022/10/1 絹本著色 京都・松尾寺蔵  平安時代末期<普賢延命法は増益や延命を祈る修法で、普賢延命像はその際の本尊>正しくととのっていて上品なさま=典雅です。...
  • 普賢菩薩像 (東京国立博物館)
    2022/9/30絹本着色  159.1cm×74.5cm  平安時代・12世紀普賢菩薩像<梵名のサマンタバドラとは「普く賢い者」の意味であり、彼の世界にあまねく現れ仏の慈悲と理智を顕して人々を救う賢者である事を意味する。wiki>*普く:あまねく(広く行きわたる)白い像に乗っています。確かに慈悲<楽を与える慈と苦を除く悲とをいう。>のいつくしみあわれむ情け深い心を感じさせる絵です。...